>

挙式以外の滞在時間の過ごし方

滞在時間中のゲストへのおもてなし

海外挙式に参加するゲストは、挙式以外の滞在時間は原則自由。
ただし海外に不慣れなゲストであれば放任せず、細かなフォローをしてあげると良いでしょう。
一緒に観光ができなくても、おすすめの観光地やグルメ情報をまとめて旅のしおりを作成して渡すなどの配慮はおすすめです。
また、新郎新婦にとって大事な人々がリゾートで一斉に集まることができる貴重な機会ですので、せめて少しの時間だけでもゲストと一緒に観光する時間を設けられれば良い思い出になるでしょう。
新婚旅行の邪魔をしてはいけないと同行を遠慮するゲストも少なくはありません。
自由時間にゲストと一緒に観光する時間を作れるのであれば、2人の方から事前にお声がけしましょう。
新郎新婦はゲストよりも数日長く滞在すれば2人だけの時間も確保できます。
せっかくですので、ぜひ大事なゲストたちと一緒に行動されて、沢山の素敵な思い出を作られることをおすすめします。

2人の挙式をみんなの素敵な思い出に!

新郎新婦の2人はさることながら、自分達の挙式がゲストや家族のみんなにとってもかけがえのない素敵な思い出になれば、新郎新婦の2人にとっても嬉しいことですよね。
結婚式は、勿論自分たちが主役であることに変わりませんが、家族や友人はゲストであり新郎新婦がホストでもありますので、事前準備や当日のスケジュールなども含め細かく計画していきましょう。
海外挙式でのゲストに対する柔軟でホスピタリティのある対応が、挙式後の更なる良好な関係へ繋がります。
普段海外に行かないゲストであればパスポートの申請から手間をかけて遠方まで来てもらうケースもありますので、少しでもストレスのない楽しい時間を提供できるよう、挙式以外の時間における配慮も大切なものになってきます。
人生一度きりの挙式なので、当事者の新郎新婦の2人は自分達だけでなく、大事なゲストの皆さんにとっても素敵な挙式になるように考慮して挙式に臨みましょう!